閑悪ィ日誌(ひま ワリィ にっし と読む)
 最終校正2000,1123なるも2002.0301休憩中

裁判所を裁こう!

 最高裁で「当社の事件簿3.交差点内での衝突」を大した理由もなく却下されて休憩中。
本件は2001年内に「簡裁を地裁に民事訴訟で提訴する」書類が出来て吟味中ですが、
他の多くの仕事を抱えチョット疲れ気味です。
 専門家に依頼したいが「専門家は裁判所とナアナアの中を保ちたい」

 自分で同じ様に他車の横っ腹に突っ込む事故を起こした結果(但し相手が一旦停止違反)
事件は当車が(一旦停止違反ではなく)相手相当だったのだが、相手は当たられてから8m
以上走行しないと停止できていないのが、0mで停止した当社の件と大違い。この差を無視。
警察官の調書や証言も その存在すら触れない簡裁は違法であるのに、上級審は庇い合い
で、その事に触れない。
 裁判所(裁判官)のプライドばっかりで まともな裁判が出来ない司法界を断罪しなければ、
日本の村社会は正常にならない。

 これは 弁護士や 裁判所の悪意によって 起きた事や、弁護士費用が高すぎて
採算が取れない物に対応する、正義の「偽」弁護士物語である。
詭弁・護士(きべん・もりし)と称する人も居る。好きにしなさい!

 その昔 某地方裁判所で、善人が被告として窮地に立たされている時、怒って
「裁判所は詐欺の味方か」 と叫んだ。
 次の瞬間 裁判官が壇上から木槌を投げた という。


 被告目掛けて 投げたか、それとも興奮して木槌を打ち鳴らそうとしたのが 
手から外れて飛んだのか?

 見た訳でないので、私は 言えない。

当社の事件簿

 あるブローカーが事実を ねつ造して、我が社から金を取ろうと 弁護士を騙して
裁判を仕掛けて来た事が有りました。
 これに対する 担当裁判官は、頭から「好くある争い」と判断して 我が社に
和解を迫ります。それを蹴りました

 相手の弁護士は「着手金も受け取ってないので それを貴方が払ってくれたら
降りる」と 自己取引の和解を勧めます。
 敢然と断り 4年半の裁判になります。
悪徳?間抜け?弁護士を相手に勝ちました。昭和54年から58年頃の話。

詳細は社史を ご覧下さい。> 1章7,カーチェイス1章8,東京裁判



 今の様に携帯電話が安くない頃、自動車電話の偽物を作ってくれと言う業者が
現れて、発生した、詐欺騒ぎ。徳島の有名企業も 詐欺の被害者に なりました。

 当社は「腕貸し」的に、単に ほぼ前金での開発を請け負ったのですが、貰った
開発資金は 依頼主が顧客にローンを組ませ、ローン会社から出た物でした。
その為 開発が少しでも遅れると客が騒ぎ出して、大騒動。
 「量産化は又 別」 としての開発の作業労働見積であり、成功報酬を貰って
ない以上 「金の切れ目は仕事の切れ目」 であるのに 圧力を掛けられて・・・
最後は「600万貰ったのを 400万取り返された」始末でした。

詳細は社史を ご覧下さい。> 3章23,逆襲ハッタリ君3章24,手形裁判



信号内の衝突事故
その1
100:0を 50:50に曲げる裁判官
その2
徳島地方裁判所へ裁判官の忌避申立
その3
高松高等裁判所へ即時抗告
その4
最高裁判所へ特別抗告
2000,
0229
速報!裁判官忌避を訴えた後
     裁判官の態度一変!
2000,
0329
速報!8ヶ月で? 裁判官転勤!
          同時に書記官転課!
その5
再び徳島簡易裁判所へ・・・

 被告証言に拠ると、
時速30キロ強の被告車両が5,2m進む間の同じ時間に、
時速5キロの原告車両が7,8m進んだ事になってしまった。
それ見ろ 嘘は矛盾する!

その6
異例の特別上告で裁判制度の欠陥も指摘!
その7
特別上告受理され理由書を提出


→ このホームページ全体のサーバーindexへ戻る。本業で商売商売!