産業機械用無線操縦装置-朝日音響株式会社

地方パートナー店募集中

↑メールはこちらへ

業者頭越し直販は
有り得ません。

TOP > 製品紹介 > 無線化のポイント
TOP > AO技術講習集 >

産業用ラジオコントロール導入に当たっての注意点

 

産業用ラジオコントロールの

導入に当たっての注意点

1996年1月

2009年7月 更新

 

産業用ラジコン・ハンドブック   
-無線制御による産業機器の全て-掲載

  産業機器をラジコン化する場合
 受注時におけるポイントとは
産業用ラジコン・ハンドブック

    本文で主題として取り上げている 
産業用ラジオコントロールの「産業用」とは、
一般の人に余り馴染みの無い響きが
有りますが、 要するに
ファクトリーオートメーション(FA用)や 
建設機械用と考えて頂けば、すぐ解るのでは
ないでしょうか。
つまりはホビー用・玩具用でなくて
プロ用だと言う事です。
ここでは 無線機メーカーや施工業者へ 
ユーザーが産業用機械のラジコン化を
注文してきた場合の、受注における注意点を
述べる事とします。
 

1.ラジオコントロールの対象

2.産業用ラジコンの導入例
3.導入に当たり
4.安全対策

【2段押しスイッチ解説シリーズ】

a.レバー操作の優位性

b.多段押しボタンスイッチの歴史解説

c.初期自社2段押しスイッチ

d.押しボタンスイッチの寿命

e.仕様(がない)書

段々物語 (自社設計2段押しスイッチ開発物語)

 

知らぬがホットケ?の工事盲点 解説
工事し易い(積もりの)無線機実態と当社品の差

上下微速付きクレーンの無線化工事注意点


 

【関連資料】

クレーン無線操縦の安全対策 (PDF形式 2.11MB)

無線制御と障害 (PDF形式 2.94MB)

 
講演集トップページへ

朝日音響スタートページへ